ホーム > HTML講座 > LESS編 > 特集編 LESS 1.4.0ベータが公開されていました

特集編 LESS 1.4.0ベータが公開されていました

登録タグ: CSS スタイルシート 効率化 CSSメタ言語 LESS ダイナミックスタイルシート 変数 ミックスイン 操作 関数 ベータ版 日本語訳


CSSをより便利にするための仕組みの1つにLESSがあります。
そのLESSの最新のベータ版がgithubに公開されているので、その日本語訳をしてみました。

※一部意訳になっている箇所がありますが、予めご了承ください。
 原文はLESS本家サイトから確認できます。


1.4.0 ベータ

私たちは1.4.0のベータをリリースしました。
これには拡張やdata-uri関数、多くの数学関数などが含まれます。
すべての変更箇所の一覧がチェンジログで確認できます。

これらは知られたいくつかの急な変更です。

@import-onceは取り除かれて@importのデフォルトの挙動になりました。

{~".myclass_@{index}"){ ...
このセレクター挿入方法は重複していたため、次のように変更されました。
.myclass_@{index}{ ....
これは1.3.1以降で動作します。

ブラウザーバージョンはもうes5-shim.jsのバージョンにはバンドルされません。
私達が以前使用していたバージョンは不正確で、新しいバージョンでは著しく大きいものでした。
あなたの選択でes5-shimを使用するか、モダンブラウザーのみで使用してください。

厳密に解読されませんが、私たちはstrictMathモードを導入しました。
カッコに含まれるものが計算されます。
例えば、

(1 + 1) // 2
1 + 1    // 1+1

1.4.0ではこの機能は無効になっていますが、私たちはこれをデフォルトに変更するつもりです。
私たちはあなたのコードのアップグレードとオプション(コマンドラインで-strict-math=onに、またはJavaScriptでstrictMath: trueに設定)による切り替えを推奨します。

カッコ付きのコードは、古いバージョンのLESSコンパイラでは後方互換になります。

他にも追加のストリクトオプションが加えられ(strictUnit: trueに、またはstrict-units=onに設定で有効)、これは単位が妥当に使用されているかの確認をlesscが行うようにします。
(例えば、4px/2px = 2 これは2pxではない、そして4em/2pxはエラーを投げます)
このオプションを恒久的にするための計画は全くありませんが、一部のユーザーが不具合を見つけるのに便利になります。

単位計算は、(4px * 3em) / 4px3pxと同じでしたが、現在は3emと同じように行われます。
しかし私たちは厳格な単位がオンでない限りは、単位が単位の付いていない値になるまで取り消しません。
セレクター補間や計算、単位変換は、現在あなたのLESSで利用でき、そしてLESS1.3.3で正しくコンパイルできます。

開発のためにnpnを使用してベータをインストールでき、

npn install -g less@beta

ブラウザー向けのものはgithubにあります。


原文は以下にあります。


カテゴリー:LESS編
2013/05/21 05:39:29 更新

Powered by AkiWiki. Wiki syntax is based on PukiWiki, and extends it.

スポンサード リンク

メニュー

HTML講座

HSP講座

Inkscape講座

スポンサード リンク