ホーム > HTML講座 > ホームページ作成編 > 第7章 ブラウザーによる表示の違い

第7章 ブラウザーによる表示の違い

登録タグ: ホームページ Webブラウザー Internet Explorer Mozilla Firefox Opera Safari Google Chrome 表示の違い


第4章で少しだけブラウザー(インターネットブラウザー、またはWebブラウザーともいう)に触れたので、今回はどんなブラウザーがあるかだけでなく、各簡単な説明やダウンロード先の紹介をします。

Microsoft Internet Explorer (インターネット エクスプローラ)

買ったばかりのWindowsパソコンに標準で付属しているブラウザーで、2011年9月現在の最新バージョンはInternet Explorer 9です。

他のブラウザーと比べて、HTMLやCSSの独自解釈、JavaScriptやCSSの独自仕様の追加など、わかりやすくいえば「我が道を行く」ブラウザーですが、悪く言うと「Web標準を無視している」ブラウザーです。
最近は改心したのか、2010年頃からは他のブラウザーより先行してW3C標準に準拠するよう努力しているそうで、現在開発中のInternet Explorer 10では、Internet Explorer 9で実装されなかった機能などを盛り込み、よりW3C標準への準拠度を高めていくそうです。
Windowsに標準で付属しているブラウザーなのでシェアも大きく、ある種のスタンダードブラウザーになっています。

Internet Explorer ダウンロードページ

Mozilla Firefox (ファイアーフォックス)

全世界で1億6500万ユーザーを突破した無料のオープンソースWebブラウザーで、2011年9月現在の最新バージョンはFirefox 6です。

数年前のInternet Explorer(特にInternet Explorer 6)の脆弱性(セキュリティーホール)の多発により、Internet Explorerの代わりにシェアを伸ばし続けているブラウザーです。
ブラウザー拡張機能があるため、それを利用するといろいろな機能を追加できるようになっています。
また、FirefoxはNetscapeNavigatorの後継ブラウザーでもあります。

Firefox ダウンロードページ

Opera (オペラ)

パソコンだけでなく、携帯電話や家庭用ゲーム機(Wii、ニンテンドーDS)などにも搭載されているWebブラウザーで、2011年9月現在の最新バージョンはOpera 11.5です。

パソコンだけでなく、携帯電話や家庭用ゲーム機などにも搭載されているため、ブラウザー自体が軽量で、スペックの低い昔のパソコンであってもしっかり動作します。
また、現在他のブラウザーに搭載されている機能(タブブラウジング、マウスジェスチャーなど)をいち早く取り入れた、先進的なブラウザーの1つでもあります。

ちなみに管理人は昔Operaブラウザーを使っていました。(そのまた昔はInternet Explorer 6を使っていましたが、Internet Explorer 7のユーザーインターフェースが使いにくくて乗り換えました。今はGoogle ChromeとInternet Explorer9を併用しています。)

ついでにOpera9.5の公式バナーがあったので貼ってみました。
その惑星で最も速く、美しきブラウザ - Opera 9.5

Opera ダウンロードページ

Safari (サファリ)

携帯音楽プレーヤーのiPodやスマートフォンのiPhoneで有名なApple社が開発しているブラウザーで、2011年9月現在の最新バージョンはSafari 5.1です。

他のブラウザーに比べて、HTMLの表示速度やJavaScriptの実行速度が格段に速いのが特徴で、ストレスのないブラウジングが可能です。

Safari ダウンロードページ

Google Chrome (グーグル クローム)

検索エンジンや各種Webサービス、そして今ではスマートフォンのAndroidで有名なGoogle社が開発しているブラウザーで、2011年9月現在の最新バージョンはGoogle Chrome 13です。
ブラウザーインターフェースは非常にシンプルでHTMLの表示速度やJavaScriptの実行速度が格段に速く、今では拡張機能やスキンもカスタマイズできたり、ブックマークや各種設定の同期ができるなど、「とりあえずインターネットをしたい」ときだけでなく「本格的に快適なブラウジングがしたい」というときには最適なブラウザーです。

Google Chrome ダウンロードページ


各ブラウザーでインターネット上のいろいろなページを閲覧すると気づくと思いますが、ブラウザー上での表示が若干違ったりすることがあります。
特定のブラウザーでしか対応していないHTMLやCSSやJavaScriptなどの機能などを利用すると、こういったことが起こりやすくなるので注意が必要です。(よくあるのが、Internet Explorerだけでしか動作しないページなど。)

← 前へ | 次へ →


カテゴリー:ホームページ作成編
2011/09/11 15:14:59 更新

Powered by AkiWiki. Wiki syntax is based on PukiWiki, and extends it.

スポンサード リンク

メニュー

HTML講座

HSP講座

Inkscape講座

スポンサード リンク